ラーレ法律事務所

ラーレ法律事務所 > 記事一覧 > 不動産トラブル

不動産トラブル

記事一覧

⬛︎賃料未払い
賃料未払いは、典型的な不動産トラブルですが、外国人入居者の場合は、さらに回収が難しくなる傾向があります。
例えば、言語の違いからコミュニケーションが難しく、賃料回収に手間がかかるケースや、解約手続きをとらずに帰国してしまい、残額賃料の請求が困難になるケースなどが散見されます。

⬛︎無断の事業利用
住居用に家を貸したにもかかわらず、無断で事業利用されてしまうケースも、よくあるトラブルの一つです。特に最近は、観光に訪れる外国人が増加していることもあって、自宅を民泊として利用してしまうケースが増加しています。無断の事業利用は、人の出入りが頻繁に行われているなど、無断の業務利用を窺わせる兆候自体は、外部から確認できるものの、業務自体は家屋に内部で行われるため、確たる証拠を掴むのが難しいトラブルです。


⬛︎隣人トラブル
言語の壁や、文化の違いが原因となって、隣人トラブルが生じてしまうことがあります。外国人入居者の慣習と日本の慣習とのすれ違いから生じるトラブルは、外国人入居者が無意識に行っている行為が原因となっているケースが多く見受けられます。このようなトラブルは、当人が悪意なく行っている行為が原因となっているだけに、その行為をやめるよう説得するのは困難です。また、文化と密接に関係してくる問題なので、対応を誤ると外国人差別と受け取られてしまうという危険もあります。


⬛︎不動産トラブルについてのご相談
当事務所では、日本人だけでなく外国の方のご相談にも対応しております。
当事務所の所属弁護士は外国の方と日常的に接しているので、相手方が外国の方の場合であっても適切な対応ができます。
外国人入居者とのトラブルなど不動産の運用についてお困りの方も、お気軽にご相談ください。