ラーレ法律事務所

ラーレ法律事務所 > 記事一覧 > 外国人労働問題

外国人労働問題

記事一覧

グローバル化の影響の中、「日本で就労したい」とお考えの外国人労働者の方々は増加の一途を辿っています。しかし、外国人の方が日本で就労する場合、多くの困難を乗り越えなければなりません。
特に多くの方の頭を悩ませる問題が、在留資格の取得や変更です。
日本においては、在留資格によって就労できる職種が限られています。そのため、ご自身の在留資格に合致した職場を探さなければなりません。
また、仕事内容によっては在留資格を変更する必要が生じるものもあり、在留資格の種類の確認や変更をすべてご自身で行うことは、多大なご負担となってしまいます。

この他にも、雇用契約など、就労時に考慮しなければならない点は多々あります。
そのため、少しでも就労にご不安な点があったり、疑問点がある場合は、外国人労働問題に実績があり、信頼できる弁護士にご相談いただくことをおすすめいたします。
また、就労に向けた手続きだけでなく、就労後にもトラブルが発生する可能性があります。
例えば、言語や文化の違いから、就労中に上司や同僚からハラスメントを受けたり、不当な解雇を言い渡されてしまうケースも少なからず存在しています。
労働問題において最も取ってはいけない行動は「泣き寝入り」です。そのため、まずはご自身のご状況を弁護士にお伝えいただき、早期解決を目指すことが大切です。
ラーレ法律事務所は、ご相談者様のお悩みに親身にご対応させていただき、少しでも早く、理想的な問題解決を目指して尽力いたします。
外国人問題をはじめとして、法律問題全般に対し、経験と実績があります。
外国人労働問題でお困りの際は、当事務所までご連絡ください。